PRS-T3S

このエントリーをはてなブックマークに追加

PRS-T3S

人気の高い電子書籍リーダー「Reader」シリーズを展開しているソニーが、待望の「PRS-T3S」を発売しました。

前機種「PRS-T2」では驚くほどの軽さを実現しましたが、今回のPRS-T3Sではさらに軽くなり、業界最軽量の160gとなりました。

モデル名は「PRS-T3S」となっていますが、「PRS-T3」という機種は存在せず、3Sが「PRS-T2」の正式な後継機となります。

PRS-T3Sの主な特徴

業界最軽量を実現したPRS-T3Sでは、重量の他にも様々な改善点が加えられ、前機種と比べても大きく進化しています。

ヘアスプレーより軽い160gの重さ

重さの比較

業界最軽量の160gの重さを誇るPRS-T3。
実際に160gとはどれぐらいなのか?という話ですが、わかりやすい例で例えると、ヘアスプレー(ケープ)よりも20gも軽いです。

ヘアスプレーを持って「重い」と感じたことがある人は少ないと思います。
ソニーの新型電子書籍リーダーは長時間持っていても「重い」と感じることはありません。
そしてもう一つの注目点は「薄さ」です。

ソニーPRS-T3Sのキャッチコピーは「ブックカバーをつけても、ポケットサイズ。」です。
わずか8.8mmの薄さを実現し、別売りのブックカバーを付けても1cmの薄さなので、ポケットにもスッポリと収まります。

62%UPした解像度で文字がくっきり

電子書籍リーダーで読書をする上で気にしたいのが「解像度」です。
解像度が高いほどより微細な表現ができるので、本当の紙の文字を呼んでいるような感覚になります。(解像度が低いドット絵を想像してみてください)

PRS-T3Sでは、前機種より62%も解像度がUPし、212dpi、758×1024 ドットとなっています。
文字がくっきり見えるので、より読みやすく、目も疲れにくくなっているのが特徴です。

スムーズなページ送り

高速インターネット

電子ペーパーを採用した電子書籍リーダーを、すでに持っている人や店頭で試しに使ってみた方ならわかると思いますが、電子ペーパー仕様のリーダーは、「ページをめくる時に画面の白黒が一瞬反転する」デメリットがあります。

ページをめくる度に白黒反転のチラツキがあり、また次のページが表示されるまでに少しの読み込み時間があると、ストレスになってしまいますよね。

ソニーではこの「白黒反転現象」を抑制する技術を開発しており、前機種のPRS-T2では白黒反転現象は、15ページごとに1回にまで抑えられていました。

しかし、今回のPRS-T3ではこの技術がさらに進化し「4時間に1回しか白黒反転が起こらない」レベルにまで到達し、実質読書中はずっとスムーズにページめくりができます。
下の動画を見てみると、ページ送りのスムーズさがわかると思います。

バッテリー持続時間は2ヶ月

大容量バッテリー

電子ペーパーには白黒反転のデメリットがありますが、メリットもたくさんあります。
それは、本当の紙のように作られているので、太陽の下でも反射せずに読書でき、また液晶ディスプレイのように目が疲れることもありません。

そして、電子ペーパーを使った電子書籍リーダーのもう一つのメリットが「バッテリー持続時間」です。PRS-T3Sでは、1回の充電で約2ヶ月、バッテリー切れを起こさず読書ができるので、長期の旅行や出張にも充電器なしで持っていけます。

iPadのように定期的に充電しなければならないカラーディスプレイタイプのタブレットと違い、充電が面倒なお年寄りにとっても、2ヶ月のバッテリー持続時間は嬉しい特徴だと思います。

PRS-T3S は買うべきか?

管理人がこの商品を買うべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

Amazon Kindleと並んで人気が高いソニーのReaderの新機種が登場しました。

業界最軽量のボディは女性やお年寄りでも片手で長時間持てる160gです。
販売価格も9,780円程度と、電子ペーパー仕様の電子書籍リーダーの中では安価を保っているので、プレゼントにも良い製品だと思います。

ただし、Reader PRS-T3Sには大きなデメリットがあります。
それは本体に「ライト」が付いていないことです。
電子ペーパーは本当の紙と同じく、太陽光に反射しない反面、暗い場所では読めません。

そのデメリットを補うために、最近の電子書籍リーダーには本体にライトが付いており、暗い場所でも読めるようになっています。

しかし、PRS-T3Sには本体にライトが付いておらず、別売りのライト付きカバーを買わなくてはなりません。この点は購入前にしっかりと頭に入れておくべきReaderの弱点といえるでしょう。

PRS-T3Sの口コミ

口コミ情報

購入はこちら

SONY Reader ブラック PRS-T3S

Amazon.co.jpで最安値を探す
楽天で最安値をさがす

Yahoo!ショッピングで最安値を探す

Kindle Fire HDX
人気4機種の徹底比較
電子書籍横断検索 - イーブックサーチ
Amazon Kindle人気ランキング
株式会社クートン