ソニー Readerの最新機種「PRS-T3」のスペックが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加

PRS-T3

アメリカのFCC(連邦通信委員会)のデータベースにソニーの新型電子書籍リーダーとなる「PRS-T3(PRS-T3S)」が登録されたことがわかりました。

画像から判明したことは、前機種PRS-T2と同様に、6インチサイズの電子ペーパー仕様の電子書籍リーダーであることです。

ボタンの配置なども、前機種と同じですが、ボディ形状がとてもスタイリッシュになって、おうとつが少ない、シンプルなデザインに仕上がっています。

FCCに提出された書類からわかることは「802.11b/g/n WiFiや3.6Wh バッテリーの搭載」があることです。

これまでの電子書籍リーダーの流れからすると、暗闇でも電子書籍が読める「ライト」の搭載や、別途契約になるかは不明なものの、いつでもどこでも通信できる、「3G回線モデル」も発売されると思います。

そして、前機種で評価の高かった最薄・最軽量路線も、引き続き打ち出してくるような気がします。
値段に関しては現時点では全く不明ですが、最薄・最軽量のスタイリッシュな電子書籍端末が登場すると、欲しくなってしまいますよね。

エンガジェットによると、ソニーは毎年8月~9月に製品発表をしているので、夏の終わり頃にはPRS-T3の詳細なスペックもわかってくるのではないか?ということです。
今回はこちらの記事を参考にしました。

ソニー Reader の未発表モデル PRS-T3 が FCC入り、6型電子ペーパー画面採用

Kindle Fire HDX
人気4機種の徹底比較
電子書籍横断検索 - イーブックサーチ
Amazon Kindle人気ランキング
株式会社クートン