アップルが電子書籍を販売開始!8万冊の品ぞろえでKindleに追従

このエントリーをはてなブックマークに追加

iBooksストア

アップルが日本での電子書籍販売を開始する見込みであると、2013年1月1日の日本経済新聞が報じています。
アップルは、本国アメリカではすでに「iBooks」を通じて電子書籍の販売を開始しています。

日本においても、iPad発売と同時にiBooksの提供は開始されていましたが、品ぞろえが悪く、日本語の電子書籍はまったく取り扱われていませんでした

先日、AmazonがKindleストアを開始し、大手出版社との契約合意に至ったことがきっかけで、アップルも一気に契約合意となったようです。

今回、iBooksへの電子書籍販売開始で契約合意したとされるのは、講談社、小学館、角川グループです。
雑誌やコミックなど、幅広い品揃えが展開されることが予想できます。

現在アマゾンのKindleストアは、約8万冊の電子書籍を揃えていますが、アップルもそれと同等の品ぞろえにて、iBooksストアをオープンします。

iBooksは利用すべきか?

アップルが国内でiBooksを開始した場合、Apple IDを使ってiPhoneやiPadで気軽に電子書籍が買えるようになります。
しかし、個人的にはちょっと「待ち」の姿勢を取りたいところ。

なぜなら、アップルは他社向けにサービスを展開しない会社だからです。

つまり、iBooksで購入した電子書籍は、iPhoneやiPad、Macでは読めますが、AndroidやWindowsでは読めない可能性が高いです。

iPhoneからAndroid携帯やタブレットに乗り換えたら、iBooksで買った電子書籍がまったく読めなくなってしまった、、、ということになってしまうかもしれません。
その点、KindleストアやBookliveは、iPhoneやAndroidに限らず、あらゆる端末でアプリを提供しているので、安心して使えます。

アップルが、AndroidやWindows向けのiBooksアプリを提供するかどうか、見極めてからでも、iBooksストアを利用するのは遅くないはずです。

■関連リンク
アップル、日本で電子書籍 出版大手と大筋合意

Kindle Fire HDX
人気4機種の徹底比較
電子書籍横断検索 - イーブックサーチ
Amazon Kindle人気ランキング
株式会社クートン