Amazonが新型電子書籍リーダーの「Kindle Paperwhite」など4機種発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

Kindle Paperwhite

アメリカのAmazon.comは6日、電子書籍端末「キンドル」を新しく4機種発表しました。
今回発表されたのは以下の4機種。

機種名 サイズ 価格 発売日
Kindle Paperwhite 6インチ 119ドル 10月1日
Kindle Paperwhite 3G 6インチ 179ドル 10月1日
Kindle Fire HD 7インチ 199ドル~ 9月14日
Kindle Fire HD 8.9 8.9インチ 299ドル~ 11月20日

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

これまで、Kindleをはじめ多くの電子書籍リーダーには「E Ink」という電子ペーパーが採用されていました。

しかし、新しく発売される「Kindle Paperwhite」のディスプレイには、新開発した「Paperwhite」が採用されています。
これによって、従来製品と比較してコントラストは25%アップ、212ppiの解像度になります。

これまでのeインクモデルよりも白い背景を実現し、電子ペーパーの弱点である「暗い場所での読みにくさ」を改善するためにフロントライトが追加されました。
また、バッテリーも改善されており、画面を発行させたままでも2ヶ月電池が持続します。

本体の厚さは9.1ミリ、重さは212グラムで、楽天のkobo Touchと比較するとやや重め。

新しい機能として、ユーザーの読書スピードをKindleが感知し、本を読み終えるまでに後何時間かかるか?をお知らせしてくれる機能がつきました。

キンドルペーパーホワイトは3Gモデル(179ドル)とWi-Fiモデル(119ドル)の2機種がラインナップに組み込まれています。amazonのキンドルには広告が挿入されるシステムになっているので、広告なしモデルは別途20ドル高で販売されます。

前機種となるKindle4は、新しくフォントの追加などが行われ、69ドルに値下げして販売されます。こちらはタッチパネルではないので、ボタンを使ってページをめくる仕様です。

Kindle Fire HD

Kindle Fire HD

iPad対抗のタブレット型PC「Kindle Fire HD」はメモリを従来の8ギガから16ギガに、CPUの改善などを加えて、前機種よりも40%のパフォーマンス向上に成功。
動画などの閲覧もスムーズにできます。

電子書籍を音声で読み上げる機能の他、前面にはカメラを搭載、スピーカーも2つ搭載、さらに無線LANのアンテナを2つ内蔵することで、通信速度が向上しています。
さらに驚きなのがその販売価格です。

前機種のKindle Fireよりもさらに値下げし、199ドル(約1万5700円)で発売されます。
画面の大きさを8.9インチにしたKindle Fire HD8.9も同時に発表されました。
こちらの価格は299ドルからですが、高速通信のLTEを搭載したモデルは499ドルで販売されるようです。

国内での発売は未定

なお、この話は米国の話であり、現在日本での発売は予定されていません。
すでに国内のAmazon.co.jpでは、「Kindle 近日発売」のアナウンスがされていますが、新型のKindle PaperwhiteやKindle Fire HDかどうかはわかりません。

タブレット型PCと言えばAPPLE iPadが有名ですが、Amazonによると、キンドルは米国のタブレット市場で22%のシェアを獲得しているとのことです。

参考リンク

Kindle Fire HDX
人気4機種の徹底比較
電子書籍横断検索 - イーブックサーチ
Amazon Kindle人気ランキング
株式会社クートン