楽天 kobo glo

このエントリーをはてなブックマークに追加

Kobo

楽天初の電子書籍リーダー「kobo Touch」に続いてリリースされた「kobo glo」。

前機種で足りなかった機能などが改善され、より使いやすい6インチサイズの電子ブックリーダーになりました。
最も大きな改善点は、「フロントライトの搭載によって暗い場所でも読書ができるようになった」ところです。

販売価格は7,980円一年間の延長保証付きモデルが9,480円です。
kobo gloの発売にともない、前機種のkobo Touchは7,980円→6,980円に値下げされました。

主な特徴

kobo gloの特徴についてまとめます。

フロントライト搭載で暗闇でも読書できる

フロントライト

kobo gloの一番の特徴は、フロントライトが付いている点です。
楽天の定番製品「kobo Touch」などには、イーインク社のPearlという電子ペーパーが採用されています。

電子ペーパーはバックライトによって発光するものではりません。
目にやさしく、どれだけ読書をしても目が疲れにくいので、紙の本を読んでいる感覚で読書ができます。
反射にも強いので、お昼間に外で本を読みたい時でも、太陽光に反射して文字が見えないことはありません。

しかし、デメリットとしてあげられるのが、「電子ペーパーは暗闇では読めない」ということです。
バックライトを使わないので、夜の外出先では文字が見えないのです。

それを解決する為に採用されたのが、「フロントライト」です。
暗い場所でもライトをつければ読書ができるようになります。

CPUが強化され、サクサクとページがめくれる

ページめくりの高速化

kobo gloのCPUにはFreescale社のi.MX6 Solo (ARM Cortex-A9)というものが採用されています。
従来機種となるkobo Touchにはi.MX507(ARM Cortex-A8)が使われていたので、電子書籍リーダーの処理速度が向上し、サクサクと快適にページがめくれるようになりました

microSDカードが入れられる

マイクロSDカード

kobo gloは、microSDカードを入れるスロットが搭載しています。
何も入れない状態でも、内蔵メモリを使って約1,000冊分の書籍を持ち運ぶことができますが32GBのmicroSDカードを入れることで、kobo gloに約3万冊分の本を入れることができるようになります。
なお、microSDカードは別売りです。

バッテリーは一ヶ月以上持続

大容量バッテリー

一回の充電で、約一ヶ月以上バッテリーが持続するので、充電の必要がありません。
フロントライトを付けると電池の消耗は激しくなりますが、ライトを点灯したままでも一ヶ月持つので、充電切れの心配は、まずないと思っていいでしょう。

楽天ならではのポイント還元サービス

ポイント還元

kobo gloでは、主に「楽天 koboイーブックストア」を通じて、電子書籍をダウンロード購入することになります。

koboイーブックストアで買った本の購入金額に応じて、「楽天スーパーポイント」が付与されます。
貯まったポイントは、1ポイント1円で再び本を買うために使うこともできますし、楽天市場でお買物をしたり、楽天トラベルで旅行の費用に使うことが可能です。

kobo gloは買うべきか?

管理人がこの商品を買うべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

前機種「kobo Touch」の後継機種が早くもリリースされました。
まず、7,980円の通常モデルと9,480円の一年延長保証モデルです。
通常モデルでも1年間の保証が付いており、9,480円のモデルは2年保証となります。

現状、電子書籍リーダーは発展途上なので、これから続々と高機能モデルが登場すると思います。
ですので、試しに1年保証の通常モデルを買って、もし壊れてしまったら、その時に発売されている新しいものに買い換えるほうが良いと思います。

前機種「kobo Touch」ではいろいろ問題点が指摘されていましたが、今回のkobo gloは、処理速度の向上やフロントライトの搭載など、改善点も多いです。
価格も手頃なので、「電子書籍入門モデル」としてはうってつけだと思います。

また、普段から楽天市場を利用している方にとっては、電子書籍を購入するたびにポイントが貯まるのでお得です。

kobo gloの口コミ

口コミ情報

購入はこちら

Kindle Fire HDX
人気4機種の徹底比較
電子書籍横断検索 - イーブックサーチ
Amazon Kindle人気ランキング
株式会社クートン