Kindle

このエントリーをはてなブックマークに追加

Kindle

これまで、日本ではKindle Paperwhiteのみが、Amazonが取り扱う電子書籍リーダーとなっていました。

しかしついに、ノーマル版の「Kindle」が日本にも上陸しました。位置づけとしては、もっとも安価な入門用の電子書籍リーダーという感じです。

必要最小限の機能のみを備えたモデルですが、7,000円以下の値段で買えるので、はじめての電子書籍リーダーや、プレゼントにも良いと思います。
販売価格はキャンペーン情報(広告)ありのモデルが6,980円、広告なしモデルが8,980円です。送料は無料です。

「Kindleストア」で読みたい本をダウンロード購入

Kindleストア

Kindleでは、読みたい電子書籍を「Kindleストア」で購入します。

Kindleストアの現在の取り扱い書籍数は合計200万冊を越えており、国内・世界最大級の電子書籍ストアになっています。また、1万冊以上の無料タイトルも用意されているので、電子書籍での読書体験が初めてでも、端末以上の価値があると思います。

電子書籍は紙の本よりも低価格で販売される場合が多いです。また、Kindleストアは定期的にコミックの割引セールなどもやっているので、お得です。

一度購入した電子書籍は半永久的にAmazonが管理をしてくれるので、新しいKindleに乗り換えた場合や、電子書籍リーダーが故障してしまっても、失われることはありません。

Kindleの主な特徴

Kindle Paperwhiteの特徴について紹介します。

広告あり・なしモデル

Kindleには2つのモデルがあります。それが、キャンペーン情報(広告)のあり・なしの違いです。
キャンペーン情報とは、いわゆる広告のことです。待ち受け画面やスタート画面に広告が表示されるモデルの方が、若干安くなっています。

広告は読書中の画面には表示されないので、本を読む時の邪魔にはなりません。また、あくまでも「キャンペーン情報」なので、Amazonから提供されるお得な情報と割り切れるなら、広告ありモデルの方が安くて良いと思います。
ちなみに、米国では広告ありモデルの方が圧倒的に人気です。

コンテンツはクラウドで管理

クラウド

1つのKindleには、数千冊の書籍が入るだけの容量があります。
しかし、容量オーバーになっても安心です。一度購入した電子書籍は、Amazonがクラウド上で管理するため、何度でも再ダウンロードできます。

本体の容量が一杯になったら、ダウンロードした電子書籍をすべて削除して、本体の容量を開けます。その状態から、新しく買った本をダウンロードすればOKです。本体から削除した書籍も、クラウドに購入履歴が残っているので、また読みたくなったらいつでも再ダウンロードできます。

これは、端末を乗り換えても同じです。もしも、Kindle Voyageが壊れてしまったり、新しい電子書籍リーダーに乗り換えても、買った本、ブックマーク、メモ、ハイライト(マーカー)した部分はすべて記憶され、引き継げます。

紙の本を読んでいるような感覚

Kindleには、バックライトが内蔵されていません。例えば、iPadのようなタブレット端末、そしてスマートフォンなどにはすべて、バックライトが採用されています。

暗い場所でも明るく画面が見れるメリットがある一方で、バックライトは目の疲れが大きいデメリットもあります。また、バックライト付きの液晶は、太陽光の下では反射して見づらいことも、デメリットです。

Kindleでは、E-ink社の電子ペーパーを画面に採用しています。電子ペーパーとは、「普通の紙と同じ」だと思ってください。
つまり、目に優しく、目が疲れにくいです。また、太陽光の下でも反射せず、読書しやすいことが、電子ペーパーのメリットです。

一方で、普通の紙と同じく暗闇で光ることはありません。よって、Kindleは暗い場所での読書には適さず、別途電気などを付けて本を読む環境を自分で用意する必要があります。
また、電子ペーパーを採用したリーダーは、バッテリーの持ちが圧倒的に良いのも特徴です。充電せずに数ヶ月使えるので、長期の旅行にも適しています。

電子ペーパーにバックライトを内蔵したモデルとしては、Kindle Paperwhiteなどがあります。これらの上位モデルであれば、暗い場所でもKindleで本を読むことが可能です。

電子書籍ならではの機能

Kindleはシリーズ中、最も安価な機種なので、必要最小限の機能のみを搭載しています。しかし、それでも電子書籍リーダーとしての完成度は高く、読書をより楽しくするためのさまざまな機能が内蔵されています。

その代表的なものが、「辞書機能」です。読書中にわからない単語や読めない言葉が出てきても、その部分をなぞるだけで、辞書検索ができます。

また、気になる部分をブックマークしたり、ハイライトでマーカーを引いておくこともできます。これらの「気になった部分」は同期・保存できるので、後で別の端末で気になったところだけを読み返したり、編集することが可能です。

文字サイズの編集やフォントの変更も電子書籍ならではの機能だと思います。このように、紙の本では実現できなかった「かゆい場所に手が届く機能」が搭載されていることが、電子書籍リーダーのメリットです。
もちろん、数千冊の書籍がたった一台に入ってしまうことも、電子書籍ならではの特徴ですよね。

Kindleは買うべきか?

管理人がこの商品を買うべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

米国と違って、日本では先にPaperwhiteなどの高機能端末が登場していました。そのような背景から、通常のKindleは「廉価版」という位置づけとなっています。
しかし、本を読むための最小限の機能はしっかり内蔵されているので、はじめての電子書籍リーダーとしては、十分だと私は思います。

7,000円を下回る安価で端末を購入できるので、電子書籍を体験してみたい方や、プレゼントに贈るのも良いでしょう。最初から高機能端末を購入するのもありですが、まずKindleでどのようなものか体験してみて、その後より良い端末に乗り換えて行く方法も良いと思います。

Amazonでは、コンテンツ(購入済みの電子書籍)はすべてクラウド上で管理されます。もし、今後高機能端末に乗り換えた場合、またはKindleが故障・紛失してしまっても安心です。

一度購入したコンテンツはすべて保管されるので、何度でも再ダウンロードができます。つまり、端末を変更した場合も、紛失・故障の場合も、購入済みの電子書籍はすべて引き継げるのです。

Kindle Fire HDX
人気4機種の徹底比較
電子書籍横断検索 - イーブックサーチ
Amazon Kindle人気ランキング
株式会社クートン