Kindle Voyage

このエントリーをはてなブックマークに追加

Kindle Voyage

Amazonが2014年モデルとして新しく発売したのが、「Kindle Voyage」です。見た目は従来型のKindle Paperwhiteと変わりませんが、より薄く、より軽くなっています。

また、Kindle Voyageの最大の特徴は「解像度が300ppi」に拡大したことです。(Paperwhiteは212ppiでした)

解像度が大きくなると、液晶の「ドット」が小さくなるため、文字がよりクッキリと表示されます。実際の紙の書籍に印刷されている文字を見ている感覚により近づくということです。

販売価格は21,480円~28,680円と幅があります。合計4種類のラインナップがありますので、それについては後述します。送料は無料です。

世界最大級の電子書籍ストア「Kindleストア」

Kindleストア

Kindle Voyageでは、読みたい電子書籍を「Kindleストア」で購入します。

Kindleストアの現在の取り扱い書籍数は合計200万冊を越えており、国内・世界最大級の電子書籍ストアになっています。また、1万冊以上の無料タイトルも用意されているので、電子書籍での読書体験が初めてでも、端末以上の価値があると思います。

電子書籍は紙の本よりも低価格で販売される場合が多いです。また、Kindleストアは定期的にコミックの割引セールなどもやっているので、お得です。

一度購入した電子書籍は半永久的にAmazonが管理をしてくれるので、新しいKindleに乗り換えた場合や、電子書籍リーダーが故障してしまっても、失われることはありません。

Kindle Voyageの主な特徴

Kindle Paperwhiteの特徴について紹介します。前機種のKindle Paperwhiteとの違いは以下のとおりです。

サイズは6インチサイズで変わっていません。しかし、より薄く・より軽くなったことで、女性の方でも片手で持ちやすいと思います。

価格とラインナップ

Kindle Voyageは、より使いやすく高機能になっています。しかし、その分価格は前機種の2倍に上昇してしまいました。当時は「電子書籍リーダーは安く提供する」イメージでした。しかし近年では、「電子書籍リーダーの高機能化」が進んでいます。

ラインナップは以下の4機種です。
「広告の有無」と「3G回線の有無」の違いによって分かれます。

■Wi-Fiモデル(キャンペーン情報つき)
21,480円。キャンペーン情報(広告)が表示されます。また、Wi-Fi環境でのみ通信ができるモデルです。

■Wi-Fi+3Gモデル(キャンペーン情報つき)
26,680円。広告つき、3G回線も使えるモデル。おそらく最も人気が高い機種。

■Wi-Fiモデル(キャンペーン情報なし)
23,480円。広告表示なし、Wi-Fi環境のみで通信ができるモデル。

■Wi-Fi+3Gモデル(キャンペーン情報なし)
28,680円。広告表示なし、3G回線も使える最強モデル。

キャンペーン情報(広告)は、待機画面やスタート画面で表示されるものです。よって、読書中に表示されることはないので安心です。

表示されるのはあくまでも「キャンペーン情報」です。これを広告と捉える人もいれば、お得な情報と感じる人もいると思います。ちなみに、米国では「キャンペーン情報あり」を選択する人がほとんどとのこと。

また、Wi-FiモデルとWi-Fi+3Gモデルは、「いつでもどこでも通信できるか?」です。3Gモデルを買うと、NTTドコモの携帯電話が使えるエリアなら、どこでも通信ができます。通信料や契約などは不要です。(すべて機種代に含まれている)

では、「いつ通信が必要なのか?」という話ですが、Kindle Voyageでは、主に「電子書籍を購入する時」に使います。また、3Gモデルの場合は、どこにいても、わからない単語を調べたり、気になった部分をSNSで共有できます。

逆に言うと、外出中は単語を調べたり、SNSで共有をしたり、本を買うことがない。という方は、Wi-Fiで良いと思います。Wi-Fiモデルの場合は、主に自宅などで書籍をダウンロードして、持ち歩く使い方になります。

読書専用端末ならではのこだわりがギッシリ

Kindle Voyageは、iPadのようなタブレットではなく、白黒液晶の読書専用端末です。しかし、それが逆に良いという人も多いです。本当の読書好きのために、本を読むためだけに作られた端末が、Kindle Voyageだからです。

まず、6インチ180gのサイズ感は、片手で持つのに優れています。一般的な文庫本が約5インチ、140g程度なので、それよりも一回り大きいサイズ感となっています。

解像度が前機種を大きく上回る300ppiとなっているため、文字は紙の印刷と同じくらいクッキリと画面に浮かび上がります。Kindle Voyageは、名高いE-ink社の電子ペーパーを採用しています。E-inkの電子ペーパーは、目が疲れにくいだけでなく、太陽の下でも反射しにくいメリットがあります。

新機能として「明るさの自動調整機能」があります。通常のタブレット端末や電子書籍リーダーは、暗い場所に行くと、途端に画面が明るくなってまぶしすぎると感じることがあります。しかし、Kindle Voyageでは、急に画面が明るくなることはありません。読書する環境が変わっても、あなたの目の慣れに合わせて、徐々に明るさを変化してくれるのが、「自動調整機能」です。

ページめくりボタンが結構すごい

もう一つの新機能が「ページめくりボタン」です。電子書籍リーダーのページのめくり方として、どのような方法を想像しますか?
おそらく多くの方が、

のどれかをイメージすると思います。最近はスマホを使っている人も多いので、このような操作は一般的に根付いてきていますよね。

しかし、Kindle Voyageに追加された「ページめくりボタン」は、片手で握りこむだけで次のページがまくれます。
ページめくりボタンは、「ボタン」ではなく両サイドの「ふち」の部分がボタンになっています。

ページめくり

多くの方が、このような形で電子書籍を持ちながら読書をしていると思います。この状態から、「グッと」軽く握りこむだけで、Kindleがそれを認識し、次のページをめくってくれます。

これなら、片手で操作することが可能です。片手にKindle、もう一方の手に缶コーヒーの状態でも読書が進みます。周りの人から見ると、「この人は同じページを何時間見ているんだ?」という感じに見えますね。

このように、「読書をするためだけに作られた便利な機能」がKindle Voyageにはたくさん詰まっています。

コンテンツはクラウドで管理

クラウド

Kindle Voyageでは、Amazonが運営するKindleストアで電子書籍を購入します。1つのKindle Voyageに数千冊の書籍が入るだけの容量があります。

しかし、容量オーバーになっても安心です。一度購入した電子書籍は、Amazonがクラウド上で管理するため、何度でも再ダウンロードすることが可能です。

つまり、本体の容量が一杯になったら、ダウンロードした電子書籍をすべて削除して、本体の容量を開けます。その状態から、新しく買った本をダウンロードすればOKです。本体から削除した書籍も、クラウドに購入履歴が残っているので、読みたくなったらいつでも再ダウンロードできます。

これは、端末を乗り換えても同じです。もしも、Kindle Voyageが壊れてしまったり、新しい電子書籍リーダーに乗り換えても、買った本、ブックマーク、メモ、ハイライト(マーカー)した部分はすべて記憶され、引き継げます。

Kindleストアで購入した本は、iPadやその他のタブレットでも読める強みがあります。Kindle Voyageで読みかけの本の続きを、iPadで読む。iPadでマーカーを引いた部分を、Kindle Voyageで読み返す。といった自由度の高い使い方が可能です。

Kindle Voyageは買うべきか?

管理人がこの商品を買うべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

読書専用端末として登場したAmazonのKindleシリーズ最新版です。当初、電子書籍業界では、端末の機能を最小限にして安く提供し、電子書籍のコンテンツで利益を取るといった方法が主流でした。

しかし、Kindleも毎年リニューアルを重ね、どんどん高機能化している印象です。Kindle Voyageでは、他社を圧倒する300ppiの解像度と、新しいページめくりボタンの搭載で、「紙の本とは違った、より新しい読書体験」を提供することに力を入れています。

ページめくりボタンを活用することで、これまでの電子書籍リーダーや紙の本では実現できなかった「片手での読書」が実現できるようになりました。

しかし、高機能な電子書籍リーダーとして進化した反面、価格も大きく上がっています。広告つき、Wi-Fiモデルでも2万円を超える価格となっており、購入者層として「日常的に読書をする習慣がある人」に限定されてきているのではないかと思います。

一方で、入門機種として通常の「Kindle」も同時に販売されています。こちらはKindle Voyageのような高機能さはありません。しかし、7,000円以下の価格で提供されているので、普段読書をしない人や、はじめての方でも手に入れやすいと思います。

Kindle Voyageの口コミ

口コミ情報

ネットではとにかく「高い」という反応。うーむ。

Kindle Fire HDX
人気4機種の徹底比較
電子書籍横断検索 - イーブックサーチ
Amazon Kindle人気ランキング
株式会社クートン