電子書籍端末の価格はなぜ安い?

このエントリーをはてなブックマークに追加

価格

電子書籍を読むために必ず必要なのが『電子書籍リーダー(端末)』です。
コレがなければ始まりません。
すでにお店にはたくさんの種類の電子書籍端末が並んでいます。

iPadのようなタブレット型PCは、読書以外の用途にも使えるので、高い値段設定になっていますが、電子書籍を読むためだけの専用端末はとても安いですよね。

楽天が発売しているkobo Touchはなんと7,980円です。

また、日本では未発売ですが、電子書籍以外の用途にも使えるiPad対抗機種と言われたアマゾンの「Kindle Fire」は、日本円にしてなんと18,000円程度で販売されています。
4万円以上もするiPadと同様の機種が、なぜ18,000円で買えるのでしょうか?

端末価格は赤字であると言われている

実は、電子書籍の端末価格は、原価割れしていると言われています。
つまり、会社側からすれば、電子書籍リーダーを売れば売るほど赤字が拡大していくということです。

楽天のkobo Touchはそうでもないようで、その気になれば5,000円ぐらいまで値段を下げられるという噂もありますが・・・
では、なぜこのような破格の値段で電子書籍端末を販売するのでしょうか?

それは、そもそも会社は電子書籍端末で利益を出そうとは考えていないからです。
一昔前の携帯電話を思い浮かべてみるとわかりやすいかもしれません。
0円携帯がたくさん売られていましたよね。

0円で携帯を販売すれば、売れば売るほど赤字になることは誰にでもわかります。
そして、携帯を0円で配布しても、通信料で収益を上げることで利益を出しているということもお分かりだと思います。

端末は安く、利益はオンライン書店で

電子書籍を製造販売しているメーカーは、そのすべてが同時に『電子書籍ストア』を運営しています。

端末をできる限り安く配布して、自分達が運営する電子書籍ストアの常連客になってもらおうというのが企業の狙いです。

例えば、ソニーのReaderを買った場合、自然にReader Storeを通じて電子書籍を買う機会が増えると思います。
こうして、電子書籍端末そのものは、たとえ赤字になっても安く提供する。

そのかわり、自分たちのオンライン書店を利用してもらって、本を販売することで利益を回収するという図式になっているのです。

端末を選ぶ時の注意点

少しでも高機能な電子書籍リーダーを選択するのは重要なことです。
しかし、本来の「本を買う」という目的を考えた場合、オンライン書店での本の買いやすさ、探しやすさなども考慮した上で端末を選ぶことが、よりよい電子書籍ライフを送るための方法と言えそうです。

また、端末以上に重視したいのが品揃え。
オンライン書店にどれだけの品揃えがあるのかは購入前に確認しておくべき項目の一つです。

数万円も出して電子書籍リーダーを買ったはいいものの、探している本が見つからない、全然マンガの種類がない・・・ということになってしまう可能性もあります。

電子書籍ストアはどこが強いのか

品揃えが豊富な電子書籍ストアは、別のページでも解説していますが、国内ではやはりアマゾンのKindleストアか楽天になります。

黒船と言われるアマゾンの「Kindle Store」も、すごいスピードで品揃えが拡大していくと思います。
また、楽天も電子書籍販売には力を入れているので、「楽天kobo イーブックストア」も日本トップクラスの大型電子書籍ストアになるはずです。

Kindle Fire HDX
人気4機種の徹底比較
電子書籍横断検索 - イーブックサーチ
Amazon Kindle人気ランキング
株式会社クートン